読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元警察官による安全情報

公安扱いされているおばさんの安全情報です…

コナンが狙われた!

今年、葛西臨海水族園でマグロが大量死しました。又、4月21日神奈川県の湯河原町で、額に刃物が突き刺さった女性の遺体が発見されました。

名探偵コナン」は連載開始20周年記念と言う事で、単行本でカラーページをつけたり、付録を付けるなどしました。

ちょうど、神奈川県で殺人事件が起きた頃に発売された単行本で、額に刃物が突き刺さって殺される連続殺人事件の話があったのです。しかも、漫画の被害者は警察官です。実際の被害者は女性の方でした。

当時、私は、様々なトラブルによるストレスで身体が弱りきっており、社会復帰に向けたリフレッシュに、警察学校の研修旅行(自腹でした)で訪れた地を周る旅をしていました。

ネットで調べるなりして、ちょうど、横浜の赤煉瓦倉庫に向かおうとした時に事件の事を知りました。

女の警察官を殺してやる

と言われている様に感じました。

そして、コナンの20周年記念のカラーページは、サメが泳ぐ水族園の水槽でした。

当時私は本当に辛い事ばかりで、年に数回の名探偵コナンの単行本の発売が唯一の楽しみでした。

コナンの単行本は、私に強い影響をもたらしていました。

2014年は、一度退職して復活した女性刑事が出てくる話があり、それを見て私は警察官採用試験の受験を思い立ち、夏には、公安警察が出て来て、私は公安警察と言うものを知りました。そして、「10年前にはすでに勝負はついていた」と言う様なセリフが何となく気になり、私が巻きこまれた事件を振り返るきっかけと成りました。(経済的な事情から、手元に無いものもあるので、あやふやですみません)

コナンは、私に余計な事を吹き込み、テロリストに逆恨みされた可能性があるのです。

因みに、図書館でアンネの日記が破かれる事件が起きた頃、私は警察官採用試験の勉強の為、図書館に通う日々でした。

その旅では、他にも恐ろしい事があり、私は山形に着いて直ぐに警察署に直行する事となりました。
f:id:szero:20151125210550j:image
そして、家に帰ってみると、飼い猫が一匹、変わり果てた姿になっていました。

何より、一番の被害者はその女性の方です。何者かが、私の行動を監視して、ゲーム感覚で人殺しをした可能性があるのです。

それが、外国であって、それに協力している、それを利用している人間がいるとすれば、もしかしたら、この国の法律では「死刑」が課せられるかもしれません。