読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元警察官による安全情報

公安扱いされているおばさんの安全情報です…

事件の起きた日付を見ろ!

アメリカ元NSA職員、エドワード・スノーデンは、2013年5月20日に香港に渡航しました。

私は、去年の夏、相次ぐ周囲からの攻撃で立て続けに職を失い、更に、周囲からの攻撃により精神的にかなり落ち込んでいました。更に、秋頃には特定の人達(公務員等)の監視に気付き、就職活動も妨害され途方に暮れていました。

その頃か、その後かよく覚えていないのですが、本屋を彷徨うと「生きろ!」と言う、本の帯が目に飛び込んで来ました。経済的な事情から、本はかなり手放してしまったので、タイトルも、いつ買ったのかもよく覚えていないのですが、自分に言われている様に感じました。佐藤優さんと手嶋龍一さんの本だった様な気がします。

そして、確か今年の正月、本屋に並んで置いてあった「新・戦争論」と「賢者の戦略ー生き残る為のインテリジェンス」がどうしても気になり、購入して読んだところ、「スノーデンが私の誕生日に渡航した」事を知りました。

去年の今頃、監視されていると言う事を警察に相談する様になりました。人に話すとモヤモヤした考えが形になるもので、それまでの出来事をよく思い出してみました。すると「民主党」の影が見えて来ました。

私が人に恨まれたり、監視される様な心当たりは、2004年の事件以外に考えられませんでした。そして、妨害された就職活動の応募先が「NHK」と「警察署」でした。これらから、インターネットで民主党やその頃の出来事をざっと調べると、やはり、「民主党が何かをした」と言う事がわかりました。

そして今年の夏、アメリカが少なくとも2006年から、日本の官邸の電話を盗聴していた事実が公表されました。

f:id:szero:20151121104948j:image