元警察官による安全情報

公安扱いされているおばさんの安全情報です…

スノーデンのメッセージ~中国に逃げろ!

「公安じゃなくてcia?」
大変ご無沙汰しております。最近、久しぶりにブログにアクセスしたところ(申し訳ございません。)更新を止めてかなり経つにも関わらず、毎日沢山のアクセスを頂いていることが解りました。連日のアクセス本当にありがとうございます。
私は「公安に間違われて困っている」と言うことを書いていましたが、実は私は公安もしくは「cia=アメリカのスパイ」だと思われてい事に更新を止めた後に気付きました。と言うのも、長年私を監視して嫌がらせをしてきた人達の共通点は「反米組織の人達」だった為などです。今の戦争は昔と違って「経済、宇宙、サイバーなど」だそうです。主に経済でアメリカから手痛い目に遭った人達にマークされて、職場を追われるなどしていた様です。

「日本にCia養成学科が存在した?」
私は困って、職安の人に「公安が潜入して来たと思われて本当に困っている」と相談したことがあります。すると職安の人に「元々公安のオーラが出ていたのではないか」と言われました。そこで考えてみると、私の出身学科がその様な学科だったと気付きました。いつも面接で「どういう学科ですか?」と聞かれると、私は「国際関係や政治、行政を学んでいました」と答えていました。
警察を辞めて体調を崩していた時「時間があるのだから何かを勉強しよう」と考えた私は、「大学で勉強した事を」と思い、元外交官の佐藤優さんらのインテリジェンス、「諜報」の本を読み漁っていました。大学で基礎を学んでいた私はすんなり理解することができました。最近気付いたのはスケールは違いますが、「cia も公安も大体同じようなことをしている」と言う事です。アメリカや中国等の歴史や政治、EUフランス革命や貴族の事等を学んでいた私は公安かciaだと疑われていた様です。そして中古車を買った時、「英会話のCD 」が入っていたこと(アメリカに帰れ)を思い出しました。「アメリカが日本に金を出させて(国立大学でした)cia(アメリカのスパイ)を育てている」とも思われていたようです。因みに、その学科は学生の意志で選ぶ事が出来ず、大学が選んだ学生のみが入る事が出来ました。欧米人の教授や留学生が沢山おり、海外の有名大学とつてがある学部でした。佐藤優さんが「日本版cia を育成する学部を作ったら」と言う事を書いていましたが、実は既に存在していたのかもしれません。入学時にはその学科の存在は解りづらく(よくある学部での一律入学)、更にその学科はほんの数年しか存在しませんでした。秘密のベールに包まれた学科が日本に一時的にひっそりと存在したのです。ciaも元工作員が本を出す等していますが秘密のベールに包まれており、cia で働いている事は秘密なのだそうです。ひょっとしたら私が学んでいた学科の卒業生が日本版cia やアメリカのciaで仕事をしているのかもしれませんし、その様な学科が日本のどこかの大学のどこかの学部にひっそりと再び存在しているのかもしれません。

エドワードスノーデンのメッセージ~中国に逃げろ!」
公安についてネットで調べたところ、「警察を退職した後も警察の指示で動いている人間が存在する」と言う事を知りました。大学で既に諜報の基礎を学び、何故か元公安の警察官と共に交番で働き、あっという間に警察を退職した私は公安を監視する様な組織(公安と敵対する反米左翼の活動家など)から見れば、公安か公安と協力関係にあるciaだと思われていたのかもしれません。私も周りから散々公安扱いをされて「自分は公安ではないか?」と思った事があります。と言うのは、「ロシアのkgb はcia 以上に荒々しく給料を貰わなくても武器を売って自力で金を稼ぐ」と言う事を元外交官でロシアに詳しい佐藤優さんが本で書いていた為です。このブログも実はこの様な背景で誕生しました。危ない組織の連中に公安かciaの工作員だと思われて、監視されて嫌がらせをされて困り果てていた時、同じく佐藤優さんらの本で「元cia エドワードスノーデンが私の誕生日に香港に渡り、アメリカが世界中の通信を監視していると言う情報をイギリスのガーディアンらに伝えた」と言うことを知りました。私は彼に「外国に逃げろ!」と言われている様に感じました。彼はアメリカの横田基地で勤務していた事もあるそうです。そこで私の事を知ったのかもしれません。尚、アメリカが世界中の通信を監視しているということは、スノーデンが暴露する大分前から指摘されていたそうです。私はずっと彼のメッセージは「外国に逃げろ!」だと思っていたのですが、最近になって「中国に逃げろ!」だと思う様になりました。何故なら、日本の公安やciaに「中国に逃げろ」と言うことは言わないからと言うことと、最近になって「自分はもしかしたら日本人ではなく中国人ではないか?」と考える様になった為です。日本と中国の秘密については次回書かせて頂きます。この度は最後まで読んで頂きありがとうございました。

https://reportofjapanesehomes.blogspot.com/2018/07/code-from-japanese-emperor-tokugawa.html?m=1

つかぬ事をお伺いいたしますが‥

昨日、外出したのですが、どうも尾行された形跡があります。

初期化して、ウィルスソフトを入れたばかりのAndroidと、セキュリティを考えて購入した新しいiPhone

最近、中古のiPhone5Wi-Fi環境が無いため、ソフトウェアのアップデートせずに使っていたところ、明らかにハッキングされた上に、大して使って居ないにもかかわらず、追加料金が請求されたため、iPhoneは高いし、頭にきて、ネット使い放題の中古の3Gの安いAndroidに機種変更して使って居ました。

ところが、私としては、信用できるサイトしか見ていないにもかかわらず、

1  重すぎてすぐ固まって使えない
2  きちんとしたメアドを入力しているにも関わ らず「不正な文字が入力されています」などとされて、ネットサービスを利用出来ない
3  リクエストしたのと違うページが開く
4  携帯から送ったメールがGmailに届かない

回線を疑い、ソフトバンクショップに相談しに行った所、「回線には問題は無い。ウィルスでは無いか。初期化以外にこちらでお伝えできることは無い」「容量の少ないガラケーに戻せば、目に見え無い不正なアプリが入り込むことは無い」「重いのは、機種が古すぎるから」との事で、容量が少ないスマホのため、不正なアプリではなく、ウィルスでAndroidがいじられたと判断しました。

ネットをするにはガラケーでは不便で、スマホは無いと困るので、「どの様にした物か」と思い、又、密かに中古であった事に不安を感じていたため(初期化しても消え無いウィルスでも?と思い‥)電機屋へ。

すると、iPhone6が乗り換えで安くなるとの事だった為、
「今までのを通話用のガラケーに機種変更して、他社の通話用の一台を乗り換えでチェンジすれば良いのでは?」
と思い、乗り換えを決意。

ただ、「元々のスマホが、通信プランは付けないといけない契約だった」事にお互い気付いた時には、既に手続きは進んでおり、その時は、「iPhoneが追加料を請求されたら、ガラケーに機種変更して、節約したもう一方でネットします。」との事で、そのままにしました。

以前のiPhone5は、アップデートしなかった事と、中古であった事が(脱獄?)ハッキングの原因だと思った為、「新しいiPhone6なら大丈夫だろう」と思い、使い始めてみると、極々信用できるサイト6つを見た直後、何と又同じ事が起きたのです。

具体的には、私はyahooメールをGmailに転送していたのですが、それをやめようと、yahooメールの設定を調べていた所、そのページが開けなくなった、具体的には違うページが開く様になり設定出来なくなりました。

何故、攻撃者は私のIPアドレスが解ったのだろう?と言う事で、又回線を疑いました。ただ、明らかに私が操作している時に変な事が起きる、通信を監視されているので、証拠を取るのは困難。警察も証拠を取るのは難しいとの事。

ただ、IPアドレスが解るのは、通信会社だけではありません。それまでにログインして見たサイトもです。

買ったばかりのスマホが同じ様にハッキングされると言う事は、この内の何処かが、このブログをよく思わない者に私のIPアドレス(調べたら、個体識別番号)を渡した以外にあり得ないのです。と思いましたが、既にパスワードが盗まれていたならば、不正アクセスでサイトから、IPアドレスや個体識別番号は盗める事があります。ただ、早すぎたのです。常に監視して居なければ、アクセスしてすぐにハッキングは出来無い。

ガラケーがハッキングされれば、ワンタイムパスワードも盗めます。常に監視していれば、です。

私は絶対監視されてますが‥

それでも、他の調子は悪く無かったので使って居たのですが、昨日又おかしな事があり、通信会社に相談して、とりあえず様子を見ていました。

昨日、何気無く、撮った写真を見ていたら、いつの間にか位置情報がくっついていました。設定がいじられたのです。

実は、Androidでも、設定が変わっていて、パスワードを保存しないと使えなくされていた事に昨日気付きました。

居場所がばれたのは、この場合、ハッキングされて設定をいじられた事が原因の様に思います。

ちなみに、初期化してウィルスソフトを入れたAndroidは、驚くほど素直に動きました。

重く無いのです。以前は、iPhone5で通信が遮断される様な事もありました。

「通信会社から位置情報が漏らされたのでは?」と疑心暗鬼になりましたが、犯人は、ハッキングの可能性が濃厚です。

ただ、携帯は、常に最寄りの基地局と通信している様なので、ハッキングによって、携帯からそのデータが盗まれる事が可能ならば、通信会社を頼らずとも居場所は盗めますね‥

携帯は、ハッキングされれば、盗聴も盗撮もします。居場所もばれます。IPアドレスは、電源を切れば変わるらしいですが、個体識別番号は変わりません。個体識別番号がわかれば、狙い撃ちで攻撃可能です。個人情報を入力する様なサイトなど、個体識別番号を盗まれ無い様に注意が必要です。

ログインパスワードが盗まれてしまえば、不正アクセスで、サイトからIPアドレスを盗む事も可能かもしれません。もしかしたら、盗まれたパスワードでIPアドレスが盗まれた可能性もあります。


知らない人の車に乗ってはいけません。

当然ですね‥でも、相手が困ってそうな外国人だったらどうでしょう?

私は、大学生の頃、中東系の人の車に騙されて乗ってしまった事があります。

バイト帰りに「道が分からない」と言われて乗ってしまったのですが、道は明らかに知っており、当時はナンパだと思いました。

私は何事もなかったので、余り気にしなかったのですが、友人にはとても心配されました。私も心配になり、他にも色々あり、結局そのアルバイトは辞めてしまいました。

そして、別のアルバイトを探していた時、その友人に勧められて、ある所で働きました。その間、どれ位空いていたかはよく覚えて居ません。

今思うと、その友人はバリバリの「左」で、その紹介されたバイト先もバリバリの「左」でした。今思えば、当時私は彼女も含め「左」の人に囲まれていました。不思議な事もたくさん起きました。

今思うと、その、「怪しい外国人」が居たから、その「左」のバイト先で働く事になったと気付きました。しかも、聞かれた先は、私の部屋のすぐ近く‥計画性を疑わせます。

というのは、どうも私は、イスラム過激派にも監視されているのではないか?と、思う事があります。

そして、大学生の頃、私の下の部屋には、インドの留学生の方が住んで居ました。と言うのは、「怪しい外国人」に会う前、先輩と飲んでいたら「うるさい!」と怒鳴り込まれ、大家さんにまでクレームを入れられたから解ったのです。

どうも様子をうかがっている様で、当時は嫌だったのですが、今思うと、インドはヒンズー教で、怪しい外国人は、土地的にイスラム系の人だったので、どちらかというと仲良しではありません。

彼は、危険を知らせてくれたのではないかと、今は思います。

この度お伝えしたいのは、日本にも、中東系の怪しい外国人が居ますし、もしかしたら、イスラム過激派の人もいるかもしれません。

昔聞いたところでは、東アジア出身者のみならず、外国人犯罪は多いそうです。

今では、突然人が行方不明になったとき、「ひょっとして‥」と思ってしまいます。

故に、外国人の中には、怪しい人も居ます。知らない人の車には絶対に乗ってはいけません。ついて行くのも危険です。

この件を思い出し、実は私は物凄く前から命を狙われていたのではないか?と、思いました。

道路にはワナが一杯!

こんばんは。

読んで下さる皆様、いつもありがとうございます!

「自殺に見せかけた殺人」の次は「事故に見せかけた殺人」について書こうと思います。

去年の暮れから今年の初めにかけて、私は立て続けに交通事故に遭いそうになりました。

実はその少し前に「人に付きまとわれてる気がする」と言う事ではじめて警察に相談しました。

それまでは何年もの間「どうも、私はトラブルに巻き込まれやすい」位しか思っていませんでした。とにかく、次から次へと訪れるトラブルに打ちのめされ、しょっちゅう警察に泣きつく生活で、内心「情けない」と思っていました。

それが、ふとしたきっかけで「もしかしたら、人に見られているかもしれない」と気付くと、次から次へと「そういえばあれも…」と思い当たる節が出てきて相談しました。

一度口に出して相談してみると人間どうしても気になる物で、周囲を警戒するようになりました。

すると、それを嘲笑うかのように、不気味なことが次々と起こるようになりました。

「そうこうするうちに、立て続けに交通事故に遭いそうになった」のです。

一度目は「交差点で右折をしようとし停止ていた時」、対向の直進車が青信号なのに停止したので、譲られたと思い、前進したところ「対向車が急に加速して交差点に侵入してきました」

(これは、よくよく考えるとただの脅しですね‥)

二度目は「交差点付近で右折しようとした時」、今度は「後ろの車が物凄い勢いで煽ってきました」確か、対向車が来たので停止した様な気がします。(その後も煽って来たのですが、正直頭に来ていたので、ひたすら無視しました。)

どちらも、とても不気味でした。

実は、その後も同じ様な事がありました。今年の春、直進中に煽られたと思ったら、前に車が止まっていたり、前の車が物凄くノロノロ走っていたりと言うことが続きました。

※あおり運転は危険運転に分類され、相手を事故や死傷などに追い込んだ場合は、危険運転致死傷罪が適応されます。

一時期は「やたらと自転車が突っ込んできそうになる」事が続出しました。

つい先日も「運転中に自転車が車道よりに現れた」ので、よけて追い越したら、「目の前は赤信号の交差点だった」事がありました。

その自転車は、青信号になると相変わらず車道寄りを走り、対向車が続いているので追い越せずにいると、後ろの車は「早くしろよ」と言わんばかりの態度でした。

「無理なものは無理」なので私は「自転車と充分な距離を取って、少しの間渋滞を作りながら走りました」

怖い思いをしたので、いつも通り警察に電話で相談してみると「渋滞しても、その対応は正しい」と言われました。

ただ、問題はこの「命懸けの当たり屋」を、誰かが強要しているような事実です。

彼らこそ「間違いなく助けが必要な存在」です。

このように、運転中も交通事故を起こさせようとする「様々なワナ」が存在します。

車を運転される方はお分かりになると思いますが「交通事故は起こさない人は起こさないのです」

何より、人間には「直感」という物があり、きちんとした運転に慣れた人ならば、余程精神状態が悪いでもなければ、そう簡単に事故りません。

故に、悲惨な交通事故のタイミングがおかしい時、狙われた被害者が気になるとき、私は「事故ではなく事件」を疑いますし、タイミング云々に拘わらず、悲惨な交通事故は事件を疑います。

本日言いたいことはやはり

「危ないドライバーもいる」という事実です。

「他のドライバーを信用しすぎない」

「煽られても、必要以上に慌てない」

「歩行者や自転車、バイク電動車イス等の方の保護に努める」

「危険を予測した運転に努める」

ということだと思います。

「煽られたらどうするか」予め、考えておくのも良いかもしれません。

何より「危ない人もハンドルを握っています」事故に見せかけて、引き殺されないように気を付けなければいけません。

何故私の正確な居場所が危ない人にバレたかは、後日書くかと思います。

実は、もっと前も「走行中に当て逃げされた」り「タイヤが立て続けにパンクしたり」した事もありましたが、当時は何とも思いませんでした。

本当に自殺ですか?

こんばんは。

いつも読んでくださる方、初めて読んでくださる方、本当にありがとうございます!

今日は、物凄く物騒ですが私が自分なりに得た「自殺に追い込まれない為の知恵」をお伝えしたいと思います。

世の中には、自殺に追い込む目的で人を攻撃する人間がいます。

先日、allaboutのサイトで読んだのですが(確か精神科医の方の書かれた記事だったと思います)「いじめた人間は、証拠隠滅のために自殺に追い込もうとする事がある。」そうです。

まず、大前提として「全ての人があなたと同じ考え方をする訳ではありません。」極端な話「邪魔な人間はバレないように殺せばいい」と言うのは凶悪犯罪者ですが(詳しくは「警視庁捜査一課長の「人を見抜く」極意」久保正行著、光文新書)その意味では「自殺に追い込んで消す」「自爆テロに利用する目的で攻撃する」というのは、もっと巧妙な殺人です。

まず「その様な人間が存在する」と言うことを知ってください。

私は一昨年の夏ごろから、少なくとも3人の人間から「狂った様に攻撃」され続け、心身ともに打ちのめされました。警察に「健康が大事」と説得され仕事を退職したこともあります。

当時は、なぜ自分が攻撃されるのか解りませんでした。今年の夏も、何人もの人間からそれ以上の凄まじい攻撃を受け、流石には「おかしい」と思い、それこそ命懸けで考えました。

答えは2つありました。今日は一つだけ書きます。それは、一番はじめのブログに書いた言葉です。「公安か?」というような問いかけです。

「目の前の人間が公安かどうか気になって仕方ない人間」って、どの様な人間でしょう?「テロリスト」です。

つまり、私は「テロリストにとって、知られてはまずいことを知ってしまった人間」なのです。

ただ、私を攻撃してきた人間全てがテロリストとは限りません。「テロリストに操られた人」もいると思います。その内の一人は「良くないところからお金を借りていました」

警察からいつも言われるのは「良くない所からお金を借りてはダメ」ということです。ただ、私が感じたのは「実はその範囲は広い」という事です。私を攻撃してきた人達を振り返ると「まともなはずの会社」が「実はテロリストの支配下にあった」と言うことを、嫌というほど知りました。

「お金」を利用して「とんでもない事を言ってくる会社」は、実はテロリストの支配下にある会社の可能性があります。

テロリストが「あなただけを避けて通る」とは思わない事です。「ヤバい」と思ったら「警察に相談してしてください」

あとは、二回目のブログに書いた「テロリスト等に弱味を握られた人」が操り人形になっているケースです。

すなわち、私が言いたいのは「やたらと攻撃を受ける場合、実は誰かに命を狙われている可能性がある」という事です。最悪自爆テロに利用されます。

「殺されないように、対応しないといけません」

命を守るためには「毅然と対応」するしかありません。当たり前の様に悪さばかりする人間を前に、ややもすれば「相手が正しいのではないか」と思ってしまいがちです。

敵は「強気に出れば、なんとかなる」と思っている場合が多いです。

そうならないように、流れを変える、身に降りかかる火の粉を振り払う必要があるのです。放置せずに問題を解決する必要があるのです。

「毅然と」までは行かなくとも、大事なのはネット等で調べるなりして「誰かに相談する事」「専門家に頼ること」だと思います。弁護士なり、労働問題の専門家なり、警察なり、精神科医なり、早目に相談して、きちんと対応する事だと思います。

とりわけ、鬱っぽい時は、早目にきちんと対応しないまま、凄まじいストレスにさらされ続けると、その内「まともに判断できなくなります。」

頭がクリアな内に、対応する必要があるのです。

「毅然と」については、先日紹介したサイコパス関係の本の他、次の様な本も勉強になります。読書は、私個人で言えば、感情的になった頭をクールダウンしてくれるのでおすすめです。

「打たれ強さ」の秘密」岡本正善著 青春出版社

「ヤクザの必勝心理術」向谷 匡史著 文庫ぎんが堂

「怒る一流 怒れない二流」(手元に無いのですが、確かこの本だと思います…)向谷 匡史著 フォレスト出版

「人に強くなる極意」佐藤優著 青春新書インテリジェンス

証拠を取れ!

こんばんは!

今日は寒いですね。連日読んで下さって本当にありがとうございます!

今日は、先日チラッと書いた「警察に駆け込まれても大丈夫なように悪さをする連中」について、対策も含めて書きたいと思います。

とはいえ、実は対策と言っても、実はそんなに目新しい事ではありません。

タイトルの通り「証拠を取る事」と、もう一つ、これは私がいつも言われるのですが「危険を感じたらすぐに110番する」ということです。

まずは一つ目「証拠を取る」ということです。私は近年「まともな筈の人達」から「付きまとい」とも取れる事をされ、堪り兼ねて警察に相談しました。そこで言われたのです。証拠が無ければどうしょうもないという事で「ICレコーダー等でやり取りを録音すること」を勧められました。

要は「物理的な証拠が残らなければ、平気で悪さをするまともな筈の人」は、けして珍しくないという事です。警察は本当に慣れたもので、はじめから動けないと解っていた様でした。

ちなみに、その様な人は、「頭が悪いふり」「世間知らずなふり」「ボケたふり」「話が通じないふり」をして「わざとあり得ない事をして」意図的に人に迷惑をかけます。

つまり、サイコパス「物の考え方、価値観が普通の人とは全く違う」人達が実は珍しくないのです。興味を持たれた方は「平気でうそをつく人たち-虚偽と邪悪の心理学」(M・スコット・ペック著)や「他人を攻撃せずにはいられない人」(PHP新書、片田珠美著)等を読む事をお勧めします。

実は去年、この事を証明するような出来事があった事を思い出しました。自宅に詐欺師がやって来たの時の事です。

事前に迷惑電話としか思えない詐欺電話を何度も何度もかけてきて、母親を騙そうとしていた詐欺師です。「来たら警察を呼ぶ」と言うことを予告したにもかかわらずやって来て、嘘をついて騙そうとしました。

私はこの時、生まれてはじめて110番しました。明らかに犯罪ですし、何よりも「来たら警察を呼ぶ」と予め伝えていて、前もって警察に対応を相談していたのです。

110番して、結局詐欺師は「営業に来ただけだ」と「もう来ない」で話は済みました。

二人の人間が全く違うことを言っている。

証拠が無ければ、これで誤魔化せてしまうのです。

ただ、警察はこのような場合、免許証や車のナンバーから何者かをその場できちんと調べます。

初めて110番してみると、110番というものは以外にハードルが高いという事に気付きました。「どのような時に110番をするのか」という事です。よくニュースで見る「銀行の特殊詐欺の被害防止の為の訓練」の様に、警察のホームページを見るなりして、「どのような時に110番するのか」日頃から万が一に備えておく事が対策になると思います。

おかしな事に巻き込まれそうになったら「警察に対応等を相談する」という事で、安心して生活できるのではないかと思います。

警察は、犯人を捕まえるだけではなく、警察安全相談と言うことで様々な相談に応じています。「警察に行ったら大事になる」と決めつけず、おかしな事に巻き込まれそうになったら、相談しておく事で、犯罪に巻き込まれる事を防げるかもしれません。

お気付きかと思いますが、私は持病の為、そんなに長く警察官はしていません。ですが多分ギリギリ「元警察官」とされる可能性があり、だからこそ逆に「裏をかいて実は公安じゃないか」と疑われる余地もあるのです。

「警察官じゃないのに、警察官と同様に扱う連中がいる」ため、変に詳しくなってしまった人間です。

元警察官です…

はじめまして。
zerosと申します。
この度、本格的にブログを始めることにしました。どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

まず、タイトルについてですが、元警察官というのは、世の中珍しくないらしいです。激務につき、若年層の離職率が高いと言う事です。

私は訳あって、警察官を退職したのですが、何度か「本当に辞めたのか?」「名簿から名前が消える警察官もいるのではないか?」「公安じゃないのか?」という事を言われました。

当の私は、警察で公安の仕事はしたことはありません。警察学校で授業を受けた程度です。

当然、同じ警察官として公安の仕事をする方と接する機会はありましたが、中に居ても「何をやっているか解らない」その様なセクションです。

こんな私が公安に興味を持ったのは「名探偵コナン」の単行本がきっかけでした。私は、元々、映画や推理小説が好きで、ストーリーとして、コナンが大好きでした。

そこで、去年、公安に興味を持った私は、ネットで色々調べました。本屋に行ったら、ちょうど公安についての本を見つけて、公安について、公表されている知識をようやく得ることとなりました。去年の秋の事です。

とはいえ、当時は自分には関係無いと思っていました…